遠藤商会

解体サイトへ

東京・埼玉で産業廃棄物を回収する遠藤商会

お客様の声ページへ

  • 「低濃度PCB」って一体なに? 処理期限のせまる汚染物を収集運搬2017.6.29

    作業人数 2人 使用車輌 アームロール ゴミの総重量 400kg
    回収品目 コンデンサ(低濃度PCB)

    「低濃度PCB」という言葉を聞いたことがおありでしょうか。環境関連の業務に従事されている方ではないと、耳なじみのない言葉かもしれません。今回弊社では、この「低濃度PCB」を含んだコンデンサ処理のご用命を、某建設会社様からいただき、協力企業に収集運搬および処理を依頼。弊社監修の元、適正に処理させていただきました。

    本記事では、PCBについての簡単な解説をしつつ、今回の事例について見ていきたいと思います。

    1

    そもそもPCBとは?

    PCBとは、Poly Chlorinated Biphenyl(ポリ塩化ビフェニル)の略称で、毒性がきわめて強く、ダイオキシン類として総称されるものの一つとされています。

    しかしその一方で、電気による絶縁性が少ない、科学的に安定的、沸点が高い、溶けにくいなどの特徴を持つことから、変圧器や安定器、さらにコンデンサなど多様な用途で利用されています。

    PCBは高濃度と低濃度とで区別され、PCB特別措置法(平成28年8月1日改正)により、下記の事項が義務付けられました。

    (1) 使用中の機器に関しては処分期間内に使用をやめ、廃棄物とすること。

    (2) 廃棄物は処分期間内までに自ら処分するか、処分を委託すること。

    上述の経緯で、今回弊社および協力企業に、コンデンサ処理の依頼を頂戴しました。「協力会社との連携が強固だから」「サービスが迅速かつ適正だから」と、弊社の強み・魅力をご理解いただいた上でのご用命、誠に励みになります。

    協力会社が迅速に汚染物を収集・運搬

    処理の当日は、現場監修可能な専門資格を持つ弊社スタッフ2名とPCB専門の協力会社スタッフ3名で、対応にあたらせていただきました。画面向かって右側に設置されているものが、汚染物であるコンデンサとなります。

    3

    なお、コンデンサ内のPCB汚染度は、上の画像のように、専用の測定器を使用の上濃度を事前に測定し、低濃度PCB汚染物と判定した上で、今回の業務にあたらせていただいております。

    4

    5

    コンデンサの重量は平均して3~400kgと大変重いので、手作業ではなくクレーン等を用いた収集運搬となります。協力企業のスタッフ3名が、迅速かつ正確に、汚染物を設置場所から移動、アームロール車への積み込み作業を完了させました。

    6

    収集したコンデンサは、廃棄物処理法が認定した無害化処理認定施設にて、適正に処理・処分されます。

    また、汚染物が設置されていた場所は、周辺機材や石段含めて粉砕の上、更地となります。

    今回のスピーディーかつ的確な作業は、実績45年の弊社の確かなネットワークがあったからこそのものと言えます。

    同様に、処理期限のせまる低濃度PCB汚染物がおありの事業所様は、ぜひお気軽に、弊社までご相談くださいませ。濃度検査のみのご用命も承っております。

    関連リンク

    環境省

    遠藤商会

    無料見積もりは下記より↓
    お問い合わせ

無料見積りはこちら
メールでのお問合せはこちらから
お役立ちメニュー
事件現場清掃士バナー 日本除菌脱臭サービス協会バナー
ページトップ