遠藤商会

解体サイトへ

東京・埼玉で産業廃棄物を回収する遠藤商会

お客様の声ページへ

  • 【小平市 学校 剪定枝回収】2017.5.05

    作業人数 2人 使用車輌 2台 ゴミの総重量 3,120kg
    回収品目 剪定枝

    20170502_170502_0011

    今回は学校校内の剪定枝を回収・処分をさせていただきました。日中は生徒さんがいたため、立ち入らないようにテープを柵代わりに設置しました。追加で回収場所が増えたため、予定していたより作業時間がかかりましたが、以前に依頼した別業者よりもよほど綺麗になったそうで、“ここまで回収してくれると思わなかった”と驚かれていました。木くずが溜まったらまたご用命いただけるとのこと、光栄に存じます。誠にありがとうございます。

    木くずと一口に言っても出所等によって産廃、一般と区別される

    今回回収・処分させていただいた剪定枝は、木くずに分類されます。木くずは下記のような基準で産業廃棄物、一般廃棄物と区別されます。

    産業廃棄物としての木くず

    ・工作物の新築、改築、除去等で発生した、建設業に係る木くず。

    ・家具製造業等、製造業に係る木くず

    ・輸入材木等の卸売業に係る木くず

    など。

    一般廃棄物

    ・廃木製パレット

    ・剪定枝・伐採木

    ・流木

    ・家具や木箱などの木製製品

    上記の基準で見ると、今回の剪定枝は、一般廃棄物に分類されます。

    大雑把なイメージとしては、事業所等の業務で発生した木くずは産業廃棄物、日常生活等で発生した木くずを一般廃棄物といった感じでしょうか。

    以前に取り上げたがれきは、その大きさによってさらに分類が異なりましたが、木くずの場合は大小関係なくすべて木くずとして扱われます。

    今回のような剪定枝の回収はもちろんのこと、各ご家庭で出た家具等の一般廃棄物も、喜んで回収・処分させていただきます。弊社は粒ぞろいのスタッフが多数在籍しておりますので、安心してご用命くださいませ。

     

    関連記事:【府中市 某工務店様 産廃物処理】

無料見積りはこちら
メールでのお問合せはこちらから
お役立ちメニュー
事件現場清掃士バナー 日本除菌脱臭サービス協会バナー
ページトップ