東京、埼玉、神奈川の産業廃棄物・一般廃棄物のゴミ回収

サイトマップ

遠藤商会では低濃度PCB廃棄物の回収も承っております。

低濃度PCB廃棄物のお悩みに1から対応できます!

PCBの製造自体は有害と認められ1974年に廃止されましたが、2002年にPCBを使用し
ていないはずの電気機器の絶縁油に微量ながらPCBが含まれている事が判明しました。
これは再生油や製造工程などで混入したと考えられていますが、定かではありません。

この非意図的な混入により汚染された廃棄物は微量PCB廃棄物と呼ばれましたが、2012年か
らは、この微量PCB廃棄物とPCB濃度が0.5~5,000mg/kgの廃棄物とを合せて、低濃度
PCB廃棄物と呼ばれています。

PCB廃棄物は、その毒性から1972年9月から製造が中止され、更に1974年6月から製造、輸入等が禁止されました。
適正保管はもちろん「ストックホルム条約」でPCB含有機器は、平成37年までに使用の全廃が定められています。

計画的処理完了期限は平成35年3月31日となっております。

  • トランス
  • コンデンサ
  • 照明用安定器
  • その他汚染物
初歩的なご質問でも、なんでもお聞きください TEL0120-53-1922

お問合せなどの受付は私たち遠藤商会が承っておりますが、処理まで行うわけではありません。
PCB廃棄物は有害なので特別な処理施設が必要です。そこで、かねてよりお付き合いのあった太洋サービス様
と業務委託をすることで完全な処理まで行うことができるようになりました。

遠藤商会にお問合せ頂いてから作業完了までの日程を紹介します。
正式なお見積りに関しては成分の分析が必要なので料金がかかってまいりますが、お問合せ、ご相談、遠藤商会からの情報の提供ま
では無料で承っておりますのでお気軽にご連絡ください。

「回収して欲しいけどどうしたらいいかわからない」「一体いつまでにどうすれば
いい?」「業者にもらったお見積りが正確なのかわからない」など、PCBにまつわ
るご相談を承っています。

お客様の疑問やお悩みに対して遠藤商会がお答えします。
処分を急かされているPCB廃棄物処分に関しては、飛び交う情報が正しいかそう
でないかの判断がとても重要になります。
現場の第一線で稼働している私たちが現状をしっかりお聞きし、正しくアドバイ
スをさせて頂きますのでご安心してご相談下さい。
又、その際にご要望があれば概算御見積金額をご提示致します。

本作業前に必要となる濃度分析も行っております。
排出事業者様に代わり、弊社がサンプル摂取を代行し、専門機関にて分析致します。
もちろん濃度分析のみのご依頼も請けたまわっております。
又、現地訪問時には本作業(処分)を実施した場合必要となる諸条件確認及び詳細
打合せをさせて頂きます。

上記1、2、3が完了後、詳細御見積書を発行いたします。

詳細御見積書をご確認の上、弊社まで本作業に関する正式なご依頼をいただけま
したら、まずは積み込み含む収集運搬及び処分に必要となる書類(契約書等)を
締結させて頂きます。
必要書類に関する作成郵送等は弊社が行いますのでご安心ください。

必要書類の締結完了後、実際の回収日程をご相談させて頂きます。
※処分場の搬入状況によりご希望の日程(期間)でお請け出来ない場合も御座います。ご了承ください。

作業の際は積み込みから車両出発まで基本的には排出事業者様立会をお願いして
おります。
全て弊社スタッフが、親切丁寧に対応致します。

処分完了後発行書類等は弊社が責任もって排出事業者様にお届け致します。

本当に処理対象なのか、高濃度PCB含有廃棄物なのか低濃度PCB含有廃棄物なのか、わ
からない状態では何の行動にも出れませんのでまずは現状を知ることが大切です。

低濃度PCB廃棄物の処理は厳重に行わなければいけないのでどうしても数百万円かかって
くるのが相場ですが、濃度分析のみですと大体1個8~15万円ほどで行なえますので、
是非お気軽にご相談ください。

創業45年、様々なお客様のお悩みやご要望に応えてきた私たちだからこそ細かいサポートまで自信
をもって致します。
例えばお手元にあるトランスらしきもの、コンデンサーらしきもの、低濃度PCB廃棄物らしきもの、
そもそもどのような手順を踏んで処分をしたらいいのかお悩みは御座いませんでしょうか。
処分期間や処分料金、法遵守である為に何をどうしたらいいのかお悩みは御座いませんでしょうか。
私たちは初歩的なご質問、ご相談から回収完了まで責任もって対応させて頂いております。

「全てお任せ下さい」とは言いません。
私たちは一つ一つの作業や法的意味を排出事業者様にもしっかりとご理解頂くことをモットーとして
おります。だからこそ細かいサポートを大切にしております。
本廃棄物をお調べになった際、専門用語が多くお困りになったことは御座いませんか?
廃棄物処理法をはじめ特別管理産業廃棄物の全容を理解することは非常に困難です。
だからこそ、私たちが分かりやすく親身にお客様をサポートさせて頂きます。

低濃度PCB廃棄物の受け入れ荷姿・保管能力/環境省の定める収集・運搬の基準を満たした処理フロー
低濃度PCB廃棄物に関するよくある質問

弊社では個別に概算御見積書を作成しております。荷姿や廃棄量、廃棄品目、運び出し条件等の情報を確認させて頂いてから
となります。詳しくはお気軽にお問合せ下さい。

まずは必要情報を確認させて頂き、なるべくご要望に沿えるよう努力致します。詳しくはお気軽にお問合せ下さい。

弊社では一切頂いておりません。但し、現地調査等が必要な場合、要相談となります。

現状既に多くのお問合せ及びご依頼を頂いております。ご希望日等あればなるべくご要望に沿えるように調整致します。

弊社業務提携先(㈱太洋サービス様)では積替え保管施設にて抜油作業も可能となっておりますので問題御座いません。

PCB廃棄物専用メールフォーム

お名前

必須
フリガナ
メールアドレス
メールでのご連絡をご希望の方は必ずご入力ください。

お問い合わせ内容

必須
 個人情報取り扱いに同意して送信
メールでのお問合せはこちらから
事件現場清掃士バナー 日本除菌脱臭サービス協会バナー
ページトップ